ユーチューブ ドラマ 無料 動画

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死ぬかと思った case5【同窓会】 

死ぬかと思った case5【同窓会】

【出演】柏原 収史 他

故郷に戻った24歳の町田聡(柏原収史)が木村勇樹(南周平)と向かった先は、中学校の同窓会が行われる古びた旅館。さらに宴会場では宇都宮晴彦(近藤公園)と再会。この3人は、かつてのワル仲間。リーダーだった町田は、同窓会にかこつけて詐欺商法で壺や印鑑を売るつもりだという。宇都宮と木村は、町田の計画にあきれながらも出席者がやってくるのを待った。
 出欠ハガキによると、今日、出席するクラスメートは3人のほかに17人。そんな中、ハガキをチェックした宇都宮と木村は、そこに森将太のハガキがあると知りビックリ。さらにその返事が『出席』となっているのを見てガクガク震え始めた。実は森というのは、昔、町田たちがイジメたため自殺してしまった生徒。町田は、そのことを忘れて森にハガキを出したらしいのだ。
 出席者の到着が遅れる中、旅館の従業員らしい薄気味悪い老人(品川徹)が4人分の料理を運んできた。そして3人は、いつの間にか座っている一人の女に気付いた。3人は一番に到着した出席者が可愛いかったことから、気分をよくする。町田はこの女性が誰だったか思い出せなかったが、ショウ子(小向美奈子)と名乗るその女と4人で、さっそく同窓会を始めようと提案する。
 酒がまだこないと一人廊下に出た宇都宮は、さっきの薄気味悪い老人が見つからないまま、妙な部屋に入り込んだ。廊下で男がすすり泣くような声を聞いていた宇都宮の恐怖心は高まる。そんな宇都宮が見つけたのは、『死ね』と落書きされた教科書がはみ出た古いカバン。その教科書に、森将太の名前を見つけた宇都宮は、驚きの余り腰を抜かす。そして、宇都宮は、そのまま闇の中に引きずり込まれて行った。
 次に宴会場を出たのは、帰ってこない宇都宮を捜しに出た木村。妙な部屋に入り込んだ木村は、『森将子』と書かれた汚いセーラー服を見つける。将太にセーラー服を着せてイジメたことを思い出した木村は、恐怖に身体を震わせる。そんな木村も、暗い闇の中に引きずれ込まれた。 宇都宮や木村が帰ってこないことから不安を募らせて、将太が自殺したことを思い出す町田。町田は、いつの間にか酒を持って隣のに座るショウ子と話すうち、あることに気付いて――。

>>最新ランキング >>続きを読む
ランキングクリックご協力お願いします!

動画が見れない場合

スポンサーサイト

死ぬかと思った case4【お母さん】 

死ぬかと思った case4【お母さん】

【出演】国仲 涼子 他

マンションで一人暮らしのOL・若槻美雪(国仲涼子)は、若い女性を狙った暴行殺人事件が多発していると聞き、用心深くなっていた。その夜の帰路、不気味な足音にドキドキしながら部屋までたどり着いた美雪は、朝、鍵をかけたはずのドアが開いていると気付き、身を固くした。
 恐怖を懸命に抑えながら部屋に入った美雪は、室内で今朝持たずに出た携帯電話が鳴るのを聞き、テーブルに置き忘れた電話に手を伸ばした。しかし美雪が手にする前に、暗闇の中で何者かの手が電話を掴んだ。絶叫し、混乱しながら灯りを点けた美雪は、故郷にいるはずの母・さなえ(丘みつ子)がリンゴを剥いている姿を見つける。緊張が解け、安堵の涙を流す美雪。ドアの向こうで聞こえた足音も、隣の部屋にやって来た電気屋だとわかり美雪はさらに一安心。
 お腹がすいたさなえが言うので、美雪は昨日の残りのおでんを温め始めるが、さなえは珍しく外食をしたいと言い張る。出かける前にトイレに行きたいという美雪の言葉もきかずに強引に外へ連れ出したさなえは、近くの公園でたくさんの思い出話を始める。寒そうな軽装のさなえに、自分のマフラーを巻いてあげた美雪は、熱心に話すその話に耳を傾けた。
 さっきは鳴っていた携帯がいつの間にか電源を切れていたことに気づき、電源を入れると、その途端故郷にいる兄から電話が入った。兄は、母のさなえが今朝倒れ、すぐに病院に運ばれたものの夕方に死亡したと美雪に告げる。美雪は何事が起きたのか理解できずそこにいるはずのさなえに声をかける。だが、そこにはさなえの姿はなく、美雪が巻いてあげたマフラーだけが残されていた・・・。

>>最新ランキング >>続きを読む
ランキングクリックご協力お願いします!

動画が見れない場合

死ぬかと思った case3【箱男】 

死ぬかと思った case3【箱男】

【出演】
田中 圭 西田奈津美 他

高校生・森山敬三(田中圭)の意中の人は、クラスメートで新体操部に所属している小鴨真央(西田奈津美)。夢の中にまで出て来る程、真央に恋焦がれる敬三は、一大決心をしてラブレターを彼女の机の中に入れた。
 この様子を見ていた真央の親友で同じ新体操部の岩田トモエ(湧澤未来)は、真央には内緒でラブレターを読み、独断で敬三に突き返した。トモエから、真央が迷惑だと言ってた、と告げられた敬三のショックは、さすがに大きかった。
 見かねた親友の越山壮太(三浦アキフミ)は、放課後、敬三を“良い所”に連れて行った。そこは狭く汚い掃除用具室だったのだが、壁の穴から新体操部の更衣室が覗けるのだ。部員たちがそれぞれ着替える中、清楚な真央の下着姿を見た敬三は、興奮の余り、そこに行くことが病みつきになってしまった。
 ところが、ある時、敬三が掃除用具室内で物音を立てたため、部員たちは大騒ぎを始めた。敬三が中でボールペンを落としたことから、トモエは敬三が覗きの犯人ではないか、と詰め寄る。幸い壮太が助け舟を出してくれて、敬三は窮地を脱する。トモエから、真央がキモイと言っていた、と告げられた敬三は、すっかりしょげてしまった。

>>最新ランキング >>続きを読む
ランキングクリックご協力お願いします!

動画が見れない場合

死ぬかと思った case2【私がやりました】 

死ぬかと思った case2【私がやりました】

【出演】井川遥 他

慌てるとワケが分からなくなる28歳の主婦・明日美(井川遥)は、忘れっぽい性質だったこともあり、いつも大騒ぎ。その日の朝、髪にカーラーを付けたままパジャマ姿で車を運転し、夫・佐伯義隆(田中実)を駅まで送った明日美は、帰宅した時、家の鍵、携帯、サイフなどを全て家の中に忘れて来たと気付いた。
 明日美は、義隆が帰るまで実家に行ってのんびりしようとも考えたが、今度はヤカンを家のガスコンロに掛けたままだったことを思い出して真っ青。もし火事にでもなれば、ローンで買ったばかりの一戸建ての家は全て消えてしまうのだ。
 明日美は、恥を忍んで義隆の会社に駆けつけるが、義孝は仕事相手の会社で会議の真っ最中とのこと。車がガス欠になったため、明日美は地下鉄でその会社に行き、強引に義隆に会って家の鍵と交通費の5000円を受け取った。
 ところが、タクシーを探していた明日美は、慌てる余り、家の鍵を道路の側溝の中にポチャリ。タクシーにようやく乗ったものの火事のことが頭から離れない明日美は、車の中でブツブツひとり言を言い始めた。
 明日美の不審な様子に気付いた運転手は、料金不足だったこともあり、交番の前で車を止めた。警官の質問に対し、たまたま緊急出動の消防車を目撃していた明日美は、火事が自分のせいだとポツリ。連続して発生している放火事件を警戒していた警官は、「私がやりました」という明日美を犯人と勘違いして手錠を掛けてしまう。

死ぬかと思った case1 

死ぬかと思った case1 【天使と悪魔】

【出演】佐藤隆太 他

借金取りに追い駆けられている途中、急な便意を催した近藤竜也(佐藤隆太)は、顔を歪ませながら住宅街にある一軒の家に逃げ込んだ。幸いにも住人は留守。玄関先に隠してあった鍵を見つけて中に入った竜也は、さっそくトイレで用を足し、ホッと一安心。その後、豪華なリビングで封筒に入った何枚かの万札を見つけた竜也は、1枚だけ失敬してその家を出た。竜也は、その金を元手にギャンブルで一山当てようとしたが、その目論見は見事に外れてしまった。
 金に困った竜也は、再び例の家に忍び込んで今度は万札を封筒ごと手にした。そこで置いてあった写真立ての夫婦らしい男女の写真を見た竜也は、男の方が自分とソックリなことに驚く。竜也が何者かに撲られたのは、自分の行為を恥じながらその家の外に出た直後のことだった。
 病院のベッドで意識を取り戻した竜也は、自分の主治医・岡田雅人(佐藤隆太=二役)の顔を見て、ギョッとなった。岡田は、例の家のリビングに飾られていた写真の中の人物その人で、看護師の中澤美香(矢吹春奈)も驚くほど、ソックリだったのだ。だが、話を聞きに来た刑事と話をするうち、竜也の記憶の中に、自分を殴った犯人の顔が甦った。それは優しい顔で治療してくれている岡田に間違いなかった。
 そのことを刑事に明かせないまま、岡田に質すと岡田はそのことを認めた。竜也の窃盗の事実を知っている岡田は、そのことをネタに撲ったことを黙っているよう命令する。竜也は割に合わないと抗議するが、岡田は、借金の返済、治療費などを全て自分が持つと約束し、強引に話をつけてしまった。
 1ヵ月後、退院することになった竜也は、病室で岡田のサイフを拾った。岡田のやり方が気に食わない竜也は、岡田になりすまして銀行の口座から金を引き出し、遊びまわる。だが、それは全て岡田の仕組んだワナで――。

>>最新ランキング >>続きを読む
ランキングクリックご協力お願いします!

動画が見れない場合

  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。