ユーチューブ ドラマ 無料 動画

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンスターペアレント 第11話(最終回) 

モンスターペアレント 第11話 『史上最強の怪物親』 2008/09/09

>>最新ランキング >>続きを読む
ランキングクリックご協力お願いします!

動画が見れない場合

スポンサーサイト

モンスターペアレント 第10話 

モンスターペアレント 第10話 『衝撃! 刺された相棒』 2008/09/02

>>最新ランキング >>続きを読む
ランキングクリックご協力お願いします!

動画が見れない場合

モンスターペアレント 第9話 

モンスターペアレント 第9話 『別離の日』

ストーリー
高村樹季(米倉涼子)は自らの役員就任を発表する予定だった取締役会議を三浦圭吾(佐々木蔵之介)の一件で無断欠席。
城山幸太郎(草刈正雄)から呼び出され、いずれ責任を取ってもらうと告げられる。
一方で、三浦の逮捕で沈んでいる望月道夫(平岡祐太)ら教育委員会の面々にはっぱをかけ積極的に仕事に取り組む樹季だった。
樹季は、娘・樹里亜の茶髪もパーマも個性だと言い張る保護者・相沢美千代(川島なお美)と、それを認めない昔気質の担任・植松省吾(小倉久寛)の話し合いに立ち会うが、双方意見を譲らず話し合いは平行線をたどる。
そんな折、樹季は田川龍之介(角野卓造)から三浦の弁護を頼まれるが、即答できないでいた。
樹季は学校帰りの樹里亜がゲームセンターのある雑居ビルに入っていくのを目撃。お小遣いを毎月2万円ももらっているという樹里亜が気にかかる。
三浦不在の教育委員会では、小山和明(温水洋一)と相原エリサ(大友みなみ)がささいなことでもめ、ぎくしゃくした雰囲気になっていた。そんな中、三浦の接見に出かけた樹季は、何事かを考え込むようになる。
ある日、樹里亜に渡したお小遣い5万円が盗まれたと美千代が学校にやってきて、クラス全員の事情聴取を要求する。
一方、弁護士事務所では、樹季の提出した書類を見た城山が樹季を呼び出していた…。

>>最新ランキング >>続きを読む
ランキングクリックご協力お願いします!

動画が見れない場合

モンスターペアレント 第8話 

モンスターペアレント 第8話 『急転!悲しみの鉄拳』

ストーリー

ここ数ヶ月で弁護士の業績が落ちていた高村樹季(米倉涼子)は城山(草刈正雄)に教育委員会の仕事から手を引くように言われるが返事を保留する。
そんな中、望月道夫(平岡祐太)からタレントとして活躍する太田桃花の母親・祐美(三浦理恵子)の対応を頼まれた。
祐美は学校より仕事の方が大事だと言い、忙しい桃花に宿題を出すなとクレームをつけていた。三浦圭吾(佐々木蔵之介)の「特別扱いはせず個人授業はさせないように」といういつも以上に厳しい口調と、田川龍之介(角野卓造)直々の依頼もあり、学校に向かう樹季と望月。 なんとか説得を試みる樹季だが祐美の意見は変わらない。
すると担任の中川功(佐藤二朗)が個人授業を申し出た。祐美も渋々と納得し樹季たちは教育委員会へ戻るが三浦は猛反対、あまりの剣幕に望月も辟易するほどだった。
自ら中川の元へ出向き「個人授業は絶対にさせない」と強い口調で言い切る三浦だったが、中川は涼しい顔をして去っていく。何も言い返せず、中川の帰っていく後ろ姿を見ながら教員だった頃の不幸な事件が思い出され、いたたまれない三浦。
ある日、樹季は城山から重役ポストへの内示を受けた。明後日の取締役会議で発表することになり喜ぶ樹季は、そろそろ教育委員会の仕事から手を引くタイミングだと田川を訪ねる。
ところが、反対に田川から三浦の悲しい過去を聞かされ、何も言い出せないまま学校へ向かう。
学校では望月が祐美相手に説得をしていたが、相変わらずの堂々めぐり。樹季は、選ばれた人間の桃花だからこそ他の生徒の模範になるように個人授業をせずに祐美と共に頑張るように説得する。樹季の巧みな言葉にのせられ、渋々ながら納得する祐美だが、中川は樹季をにらみ続けていた。
取締役会議当日。間もなく会議が始まろうという時、望月から電話が入った。結局、中川が桃花に個人授業をすることになり、それを知った三浦が飛び出していったというのだ。そのまま弁護士事務所を飛び出し学校へ向かった樹季は、教室へ行こうとする三浦を必死に説得するが三浦は足を止めない。
教室の直前で行かせまいと腕を取る樹季だが、桃花に写真を撮らせて欲しいと言っている中川の声を聞いた三浦は、樹季を振り切り教室へ駆け込んだ。中川につかみかかると樹季の制止の声も聞かず殴り続ける三浦。狂気に満ちた三浦に、樹季は桃花の視線を逸らせることしかできなかった。
やがて学校にやってきた警察に手錠をかけられパトカーで連行される三浦。
樹季は悲痛な思いでパトカーを見送り…

>>最新ランキング >>続きを読む
ランキングクリックご協力お願いします!

動画が見れない場合

モンスターペアレント 第7話 

モンスターペアレント 第7話 『霊感母の恐怖』

ストーリー

占いは信じないと公言する高村樹季(米倉涼子)が対面した保護者は、未来が見えるという藤巻類子(室井滋)だった。
類子は、担任の甘粕七海(松木里菜)に3日後に迫った遠足で子供たちが熱さに苦しむ様子が見えたからという理由で日程変更を要求していた。予感だけでは信憑性に欠けると受け流す樹季に類子は日程を変えなければ娘の綾音は遠足を欠席させるという。
呆れる樹季だが、七海が好みのタイプの望月道夫(平岡祐太)は熱心に助けを求め、三浦圭吾(佐々木蔵之介)は「何か見落としていることがあるのではないか?」と相変わらずの発言ばかり。
後日、遠足のバスでクーラーが故障したことを挙げ、予感は当たったと自信満々の類子は、明日の登校時に赤いものが飛び散る様子が見えたと警備体制の強化を依頼。
翌朝、人手不足のため通学路の警備に駆り出され、不満いっぱいで校門に立つ樹季の前に、ヘルメットを装着し執拗に周囲を警戒しながら登校してくる類子と綾音が現れた。呆然とする樹季だが、道を渡ろうとした綾音に高校生の乗る自転車が突っ込んできた。
とっさに綾音をかばい校門の塀に身を寄せた樹季。接触事故にはならずに済んだが、樹季のスカートには塗りたてだった赤いペンキがべったりと付いていた…。危険を確信した類子は、「授業を休ませる」と言い、引き止める七海の声も聞かず、おとなしく従う綾音をつれて帰ってしまう。
その後も腹痛に苦しむ姿が見えると給食を中断させたりと、様々な要求を繰り返す類子はついにクラス替えを要求。綾音がクラスメートの男子・剣持にいじめられているからだという。樹季や七海らの説得に耳を貸さない類子は、要求が通るまでは欠席させると綾音を連れて帰ろうとする。何か言いかけるも黙って類子に付いていく綾音。樹季は、綾音を見送る剣持が「あいつ、かわいそうなんだ」とつぶやいた言葉を聞き事情を聞く。
3年前、悪い予感がするという類子の制止を振り切って公園へ遊びに行った綾音は大怪我を負い、止められなかった自分を責める類子は夫と離婚。すべて自分のせいだと感じた綾音は類子に逆らわなくなっていたのだった。
後日、学校に類子を呼び出した樹季は、予感は類子の不安な気持ちが見せているもので、さらに綾音が母親に引け目を感じていることを指摘する。納得できず席を立った類子は、校庭の鉄棒の下で座り込む綾音と横に立つ剣持を見つけた。予感で見た光景に慌てて駆け寄ろうとする類子を樹季は止める。それは綾音の逆上がりの練習に付き合う剣持の姿だったのだ。成功して手を取り合って喜ぶ2人を見る類子に「目に見えないものより、目の前にいる今の綾音ちゃんを見てあげてください」と話す樹季。
翌日、類子にいつも通りに学校に行くように言われ、驚きながらもうれしそうな綾音がいた。

>>最新ランキング >>続きを読む
ランキングクリックご協力お願いします!

動画が見れない場合

  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。