ユーチューブ ドラマ 無料 動画

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロト6で3億2千万円当てた男 第10話(最終回) 

ロト6で3億2千万当てた男 第10話

キャスト:反町隆史、加賀まりこ、出川哲郎、眞鍋かをり、西村雅彦、中島知子、佐竹秀一

>>最新ランキング >>続きを読む
ランキングクリックご協力お願いします!

動画が見れない場合

スポンサーサイト

ロト6で3億2千万当てた男 第9話 

ロト6で3億2千万当てた男 第9話

キャスト:反町隆史、加賀まりこ、出川哲郎、眞鍋かをり、西村雅彦、中島知子、佐竹秀一

ストーリー
息子の健太(澁谷武尊)に子供の頃の夢を聞かれ、答えられなかった悟(反町隆史)は、なんとか息子に誇れるような父親になりたいと考える。
 そんなとき、とある出版社からブログを本にしないかという話が舞い込んできた。迷う悟だが、息子のために何か書き残したいという気持ちと、真弓(眞鍋かをり)の励ましとで、ブログの出版を決意する。
 ところが、出版された本を見た美佳(中島知子)は、自分と健太のプライベートが脅かされるのを心配し、怒っている様子。さらに、綾乃(小沢真珠)は真弓が印税目当てに悟に近づいていると騒ぎ出す。
本はたいして売れなかったものの、悟にとって、ブログの出版は自分を見つめ直すいい機会となった。自分が本当に好きな仕事をしようと決めた悟は、掛井(豊原功補)と吉村(西村雅彦)に、鉄道模型の会社を興したいと話した。悟の熱意に動かされた掛井は、共同経営者として参加したいと申し出る。佐竹(石垣佑磨)も悟の会社に出向することになり、悟はいよいよ新しいスタートを切った。
 会社を興すと知った綾乃は悟に向かって「模型なんてバカみたい」と言い放つ。その言葉にもめげず、営業に打ち込む悟だが、取り扱っている模型が古い列車のモデルであるために、なかなかいい結果が出ない。しかし、テレビで、はるな愛(はるな愛)が古い列車の模型ファンだと発言したことから、突然、注文が殺到。トントン拍子に売り上げは伸び、会社は新しいオフィスをかまえるまでに成長する。

>>最新ランキング >>続きを読む
ランキングクリックご協力お願いします!

動画が見れない場合

ロト6で3億2千万当てた男 第8話 

ロト6で3億2千万当てた男 第8話

キャスト:反町隆史、加賀まりこ、出川哲郎、眞鍋かをり、西村雅彦、中島知子、佐竹秀一

ストーリー

退職を思いとどまって会社に残ろうと決めた悟(反町隆史)。しかし、うっかりなくした退職願が中根課長(出川哲朗)の手に渡ったせいで、退職せざるをえない雰囲気に。
 そこで、悟は道代(加賀まりこ)を訪ね、こないだのケンカのことを謝り、レストランを買取りたいと申し出た。やるなら真弓(眞鍋かをり)と別れてからにしろと言われ、カッとなった悟はまたも道代とケンカしてしまう。
 掛井(豊原功補)に立会ってもらい、レストランのオーナーと会った悟だったが、3億円出す買い手が現れたと言われて断られてしまう。道代が自分のために土下座までしていたことを知らされた悟は、迷ってチャンスを逃した自分のふがいなさを思い知る。
退職の日。自分のデスクを片付けていると、悟のブログを見つけた事務の由紀江(佐藤めぐみ)が「これ、もしかして立花さんですか?」と尋ねてきた。答えに困ってしぶしぶ肯定すると、社内は大混乱に。退職を喜んでいた篠崎専務(泉谷しげる)や中根課長(出川哲朗)も悟を引きとめ、結局、退職の話は立ち消えになった。
 ケンカした日から道代と連絡が取れずに困っていた悟に、綾乃(小沢真珠)から電話がかかってきた。道代の居場所を教えるのと引き換えに、自分の出す条件を飲めという綾乃だったが……
 道代は入院していた。元気にふるまう道代だが、医者の話ではもう長くないという。いくらお金を積んでもどうにもならないほど母の病状が重いと知って、悟は強いショックを受ける。道代を心配した真弓が、お見舞いに行きたいと申し出てきたが、悟は人を簡単には信用できないと突き放した。真弓に冷たく接することが、綾乃の出した条件だったのだ。
そんな矢先、病床の道代から自分の店に飾ってある海の絵を病室に持ってきてほしいと頼まれた悟は、それが印刷物であるのを見て、本物の絵画を手に入れようと思いつく。吉村(西村雅彦)の助けで、なんとか同じ作者の絵を所有する人物に出会った悟は、必死に頭を下げ、なんとか絵を譲り受けた。しかし、絵を持って病院にかけつけると、道代はすでに危篤状態だった。道代はその絵を見て「ありがとう」と言うと、穏やかな表情で息を引き取った。号泣する悟。
 後日、道代の店を片付けていた悟は、片隅に自分の描いた海の絵が飾っているのを見つけ、道代が言った海の絵とは自分の絵だったと知って、がく然とする。さらには、道代が自分のためにコツコツと貯めた貯金通帳も見つけ、母の思いやりの深さを痛感した悟は、再び涙ぐむのだった。

>>最新ランキング >>続きを読む
ランキングクリックご協力お願いします!

動画が見れない場合

ロト6で3億2千万当てた男 第7話 

ロト6で3億2千万当てた男 第7話

キャスト:反町隆史、加賀まりこ、出川哲郎、眞鍋かをり、西村雅彦、中島知子、佐竹秀一

ストーリー

あの黒服2人組に、全額寄付すると申し出て、彼らのクルマに乗った悟(反町隆史)だったが、健太(澁谷武尊)がケガをしたというメールをもらい、急遽、クルマを降りて病院に向かう。軽いケガで済んだことを知って、安心する悟。健太の存在の大切さを実感し、お金を減らさずに息子のために残してやることこそが大事だと思いつく。
 そんな矢先、悟の母・道代(加賀まりこ)が突然、訪ねてきた。水商売をやっていてだらしない性格の母に反感を抱いている悟は、当せん金のことを秘密にしようとする。ところが、悟の態度を怪しんだ道代は、彼が寝ている間に、こっそり通帳をのぞき見た。悟が大金を持っているのを知った道代は友人を誘い、悟の金で豪遊してしまう!
一方、グローバル電機から契約を打ち切られ、業績の振るわないあすなろ広告社では、悟のリストラの話が出ていた。それを感じ取った悟は、吉村(西村雅彦)からの勧めもあって、健太に誇れる仕事をしようと会社を興そうと考えていた。だが、悟を心配する掛井(豊原功補)は、吉村が金を借りた負い目を挽回しようとあせっていると指摘。今の仕事のままでも、プライドを持って働けばいいのだと励ました。
 迷う悟に、今度は母・道代がレストランの経営をしないかと持ちかけてきた。2億5千万円で店を買い取って社長になれと言われ、まんざらでもない様子の悟。黒服男が再び寄付を募りに来たが、道代の剣幕にタジタジとなって引き下がった。

>>最新ランキング >>続きを読む
ランキングクリックご協力お願いします!

動画が見れない場合

ロト6で3億2千万当てた男 第6話 

ロト6で3億2千万当てた男 第6話

キャスト:反町隆史、加賀まりこ、出川哲郎、眞鍋かをり、西村雅彦、中島知子、佐竹秀一

ストーリー

ついに、美佳(中島知子)や真弓(眞鍋かをり)にロト6で3億2千万円当てたことをバラしてしまった悟(反町隆史)。会社に復帰し、佐竹(石垣佑磨)にも真実を告白した。
 もう金目当てで近づいてくる人にはだまされないと決意し、綾乃(小沢真珠)にも、もう自分とは別れて、使った金を返してくれ、と言い渡した。きつく言い過ぎたかと後悔する悟を見て、掛井(豊原功補)は自分の過去を打ち明けた。彼の父親は宝くじで1等を当てたが、叔父にだまされて一文なしになって家族は崩壊。それをバネに彼は投資家になった。そんな掛井にとって、悟は放っておけない存在だったのだ。掛井は、人の嫉妬は恐ろしいと改めて悟に忠告する。
掛井の忠告どおり、3億2千万円当てたことを告白してから、悟の周りの人たちの態度が少しずつ変わり始めた。息子の健太(澁谷武尊)は悟が大金を持っていることを知ってわがままを言うようになり、美佳の手を焼かせるように。綾乃は、もっと物を買ってくれなきゃ、ネットに悟の実名を公開するとちらつかせてきた。その上、花火の見えるホテルの部屋を予約してくれとねだられてしまう。
 そんな中、3億2千万円当てたことを先輩の吉村(西村雅彦)に隠し切れなくなった悟は、思い切って当せんの事実を告白した。すると、今まで堅実な生活をしろと説き続けてきた吉村までもが、800万円貸してくれと頼んできた。悟は恩返しになればと思い、快諾する。

>>最新ランキング >>続きを読む
ランキングクリックご協力お願いします!

動画が見れない場合

  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。