ユーチューブ ドラマ 無料 動画

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


不毛地帯 

不毛地帯 プロローグ

ドラマ『不毛地帯』は、フジテレビ開局50周年記念連続ドラマの最後を飾る作品として登場。2009年10月より2クール(半年間)、木曜10時枠で放送される予定です。主人公を演じるのは、唐沢寿明さん。唐沢さんが山崎豊子原作に挑むのは、フジテレビ開局45周年記念ドラマとして放送し、高視聴率を記録した、あの『白い巨塔』(2003年10月~2004年3月 フジテレビ系全国ネット)以来、6年ぶりとなります。 原作の小説『不毛地帯』は、1973年から78年までサンデー毎日に連載され、その後、書籍化。これまでに累計430万部(2009年5月現在)を売り上げたベストセラー小説です。舞台となるのは、終戦からひたすら復興を目指して走り続け、経済が驚異的な回復を見せ始めた高度成長期の日本。終戦後、11年もの長きにわたるシベリア抑留という過酷な経験を経て、帰国後、総合商社に入社した男が、戦後の荒廃から社会が立ち直ろうとする激動の時代を背景に、再びビジネスという“戦場”に身を投じ、戦争体験という過去との葛藤を抱えながら、世界を相手に戦う様を描いた物語です。 物語の始まりから終結までおよそ30年間、世界各地を舞台に描く超大作。ドラマ化に当たっては、海外ロケをふんだんに盛り込み、放送期間半年をかけて、壮大な物語を丁寧に紡いでいきます。主演の唐沢さんをはじめ、連続ドラマ数本分と言ってもいい豪華出演者たちが一堂に会してお送りします。秋に予定されている放送スタートを前に、7月には早くもクランクインする見込みです。 ドラマのプロデュースを手がける長部聡介(フジテレビドラマ制作センター)は、
「フジテレビ開局50周年企画として何がふさわしいだろうか、と考えたときに、やはりその“50年”という時の流れを感じさせるものがいいのではないかと思いました。この作品は、戦争という悲惨な体験を経て、現在の日本社会の礎を築いた男たち、そしてそれを支えた女たちの物語。パソコンも携帯もない時代、彼らは熱く、必死に生きていました。そこには愛情、憎悪、悔恨、嫉妬、欲望、誇り、悲しみ・・・ありとあらゆる人間の感情がむき出しで蠢いていたのです。その過酷なまでのエネルギーに突き動かされた男と女の姿はどこか閉塞感漂うゲンダイの我々の心を強く揺さぶります。内容、スケール感など、すべての面において、50周年にふさわしい骨太な人間ドラマであると確信しています」
と企画意図を説明しています。 また、主人公・壹岐正を演じる唐沢さんに関しては
「主人公・壹岐正は戦争中、大本営参謀のエリート軍人であり、終戦後ソ連軍に拘束されてからはシベリアの強制収容所で囚人として過酷な労働を11年間も強いられ、生死の境をさ迷うという特異な体験をしています。いわば戦争の加害者であり、被害者でもあるわけです。この一筋縄ではいかない、複雑な役を演じられるのは役者としての圧倒的な存在感と抜群の演技力を持つ唐沢さん以外ないと考えました」
と期待を寄せています。 唐沢さん演じる壹岐を取り巻く登場人物たちにも、豪華役者陣が勢ぞろいしています。壹岐正の妻に和久井映見さん。陸軍士官学校以来の同期であり親友に、柳葉敏郎さん。後に壹岐の心の支えとなる女性に小雪さん。軍人時代の上官に、橋爪功さん、中村敦夫さん。上官の息子で現在は僧籍に入っている元軍人に佐々木蔵之介さん。商社で働き始めてからの壹岐を取り巻く人々として、原田芳雄さん、天海祐希さん、竹野内豊さん、岸部一徳さん、伊東四朗さん、段田安則さん、古田新太さん、阿部サダヲさん、松重豊さんと、まさにこの一作品で、連続ドラマが数本作れてしまうほど豪華かつ個性豊かなキャストの共演が実現しました。


~フジテレビ 公式サイトより~

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://muryoudrmusic.blog59.fc2.com/tb.php/1100-59bf19e9

  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。