ユーチューブ ドラマ 無料 動画

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


モンスターペアレント 第9話 

モンスターペアレント 第9話 『別離の日』

ストーリー
高村樹季(米倉涼子)は自らの役員就任を発表する予定だった取締役会議を三浦圭吾(佐々木蔵之介)の一件で無断欠席。
城山幸太郎(草刈正雄)から呼び出され、いずれ責任を取ってもらうと告げられる。
一方で、三浦の逮捕で沈んでいる望月道夫(平岡祐太)ら教育委員会の面々にはっぱをかけ積極的に仕事に取り組む樹季だった。
樹季は、娘・樹里亜の茶髪もパーマも個性だと言い張る保護者・相沢美千代(川島なお美)と、それを認めない昔気質の担任・植松省吾(小倉久寛)の話し合いに立ち会うが、双方意見を譲らず話し合いは平行線をたどる。
そんな折、樹季は田川龍之介(角野卓造)から三浦の弁護を頼まれるが、即答できないでいた。
樹季は学校帰りの樹里亜がゲームセンターのある雑居ビルに入っていくのを目撃。お小遣いを毎月2万円ももらっているという樹里亜が気にかかる。
三浦不在の教育委員会では、小山和明(温水洋一)と相原エリサ(大友みなみ)がささいなことでもめ、ぎくしゃくした雰囲気になっていた。そんな中、三浦の接見に出かけた樹季は、何事かを考え込むようになる。
ある日、樹里亜に渡したお小遣い5万円が盗まれたと美千代が学校にやってきて、クラス全員の事情聴取を要求する。
一方、弁護士事務所では、樹季の提出した書類を見た城山が樹季を呼び出していた…。


スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://muryoudrmusic.blog59.fc2.com/tb.php/116-5b89720d

  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。