ユーチューブ ドラマ 無料 動画

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


嵐がくれたもの 第30話 

嵐がくれたもの 第30話

不幸の星

亜弓が愛しいと話した節子に対して、節子が実の母親と知らない亜弓は、使用人と雇い主の関係で、親しげな言葉を使うのはやめるように強く言う。節子は胸が締め付けられる。
 百合子は宗助の父親としての申し出を受け入れ、後添えを迎えることを決断する。
 龍太郎の死、百合子の意に沿わない縁談、加代の病...、全てが自分のせいだと亜弓は思い込み、「私なんて死んだほうがいい」と節子に苛立ちをぶつける。節子は亜弓の頬を叩き、二度とそんな甘えた考えをしないように厳しく諭す。それは実の母親としての愛情から出た行動だったのだが...。

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://muryoudrmusic.blog59.fc2.com/tb.php/1179-c91c9630

  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。