ユーチューブ ドラマ 無料 動画

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オダギリジョー 

オダギリジョー

【人物】
本名:小田切 譲(おだぎり じょう)、1976年2月16日
岡山県津山市出身の日本の俳優。鈍牛倶楽部所属。岡山県作陽高等学校卒業。カリフォルニア州立大学フレズノ校休学中。身長176cm。体重60kg。
母子家庭だったため、幼少時は映画館に預けられて育った。この事が映画監督を目指すきっかけとなる。

岡山県作陽高等学校(特別進学コース)卒業後、高知大学理学部に合格するも、入学辞退。高校卒業後、ヒューマン国際大学機構大阪校にて英語を学んだあとアメリカに渡りカリフォルニア州立大学フレズノ校に入学。映画監督を志望していたが、入学願書の記入ミス(「drama」の文字を目にした時点で監督養成コースだと勘違いし、マークを付けてしまった)により不本意ながら俳優養成コースを受講、2年間、演技を学ぶ。

芸名「オダギリジョー」の読みは本名だが、表記が漢字ではなくカタカナなのは、「譲」だと「ゆずる」と読まれてしまうから、と語っている。また、アレクサンダー・ロックウェル監督の映画『イン・ザ・スープ』について「この映画を見て僕は自分の名前をジョーにした」と語っており、映画の登場人物である初老の男・ジョー(シーモア・カッセル)の名に由来しているとも言える。


【エピソード】
・デビュー後しばらくは、『秘密の爆笑大問題』のレギュラー出演者を務めるなど、バラエティー番組に も積極的に出演していた。『踊る!さんま御殿』では、オダギリを気に入ったさんまがその後何度もオ ダギリに話を振ってきたため「すごく怖くなった」そうである。

・2000年12月からの3年間、BSフジの情報バラエティー番組『週刊BSデジタルマガジン』でタレントの 阿部美穂子と共にレギュラー司会者を担当。お笑い芸人として駆け出しの頃の青木さやかや松田  大輔(東京ダイナマイト)とも共演する。
 しかし現在は俳優業に専念する意志が強く、バラエティー番組への出演機会は当初に比べて極端 に減少している。一方、NHK『いま裸にしたい男たち』(2003年)、NHK『トップランナー』(2005年)、T BS『情熱大陸』(2005年)等の、人物密着型ドキュメンタリー・トーク番組への出演は多い。先に記し たような番組は現在、DVDなどの家庭視聴向けの販売はされていない。

・かなりの潔癖症でジュースを(オダギリ自身が)一度口を付けたものを口から離した瞬間に「腐ってし まった」と感じてしまい二口目が飲めず捨ててしまうなどのエピソードをテレビで語ったことがある。

・お笑いコンビ次長課長の河本準一とは小学校の同級生。河本によると、5年生の時はクラスメート(2 組)で、「ジョー」「もっち」と呼び合っていた仲だという。河本は自らが人気を獲得すると事あるごとに オダギリとの関係を強調。転校生だったオダギリを河本が色々と案内したと発言したがオダギリ曰く 「そんなことはなかった」。現在ではたまに近況の報告などをしている。2009年8月9日、8月16日の 「ボクらの時代」(フジテレビ系)では、2人でトークを直接交わした。また、お笑い芸人の超新塾、新 塾タイガーとは高校の同級生で友人。

・中高生時代は、バンドでドラムを担当(楽器の担当を決める際に、無理やりドラムに決まった。その  為、YAMAHA音楽教室のドラムのレッスンを受けていた)、現在もプライベートでバンド活動をしてい る。出演作『この世の外へ クラブ進駐軍』(2004年)では、演奏している姿を見ることができる。2002 年に解散したロックバンドWINOのギター、久永直行とは高校時代にバンドを組んでいた。仮面ライダ ークウガの劇中でもドラムテクニックを披露した事がある。

・尊敬するミュージシャンは、フランク・ザッパとトム・ウェイツ[4]。トム・ウェイツのアルバム『オーファン ズ』(2006年)の日本盤CDでコメントを書き下ろし、トムを「音楽の神」と讃えている。

・高校1年の時に『全国高等学校クイズ選手権』(日本テレビ系)に出場している。

・酒が好きで、以前はビールを好んだが最近は焼酎をロックで飲む。コーヒーは嫌いで牛乳が好き。

・2007年12月27日、女優の香椎由宇との結婚を発表。映画『パビリオン山椒魚』での共演が交際の きっかけとなった。そして2人の誕生日の2008年2月16日、婚姻届を提出。

・子供のころからずっと自身もサッカー少年だったこともありサッカーが上手で、映画「プラスティック・  シティ」の共演者アンソニー・ウォンからは「ジョーは俳優にならなくてもサッカー選手になれば、スタ ーになれる」と、その腕前を絶賛された。



【ファッション】
・際めて大胆かつ個性的である。現在でもファッション関連の雑誌で頻繁に表紙を飾る。特に記者会  見や授賞式等では、格式にとらわれない個性的なスタイルで出席する事が多い。

・日本アカデミー賞では、2005年は片側だけモヒカンスタイルという髪型で出席。最優秀助演男優賞 の受賞が華を添えた。2006年はプレゼンターとして出席。その奇抜なヘアスタイルには、最優秀助 演男優賞を獲得した堤真一が堪えきれず「受賞の喜びよりもお前の頭、何や!?」と全出席者の心の 声を代弁。会場全体が大きな笑いに包まれた(堤とはテレビドラマ『ビギナー』で共演以来親交が深 い)。2007年受賞時は、アフロヘアで出席。2008年受賞時は、黒いアイメイクで出席した。

・カンヌ国際映画祭ではタキシードを腕まくりしてレッドカーペットを歩き、関係者を驚かせた。本人いわ く「本当は上着を脱ぎたかったが、脱いだら会場に入れないのでこうした」とのこと。

【他作品】
・金融腐蝕列島 呪縛
・プラトニック・セックス
・目下の恋人
・アカルイミライ(カンヌ国際映画祭正式出品、本映画プロフェッショナル大賞主演男優賞)
・曖昧な未来、黒沢清(『アカルイミライ』の制作ドキュメンタリー)
・あずみ(日本アカデミー賞新人俳優賞)
・監督感染「payday」
・血と骨(日本アカデミー賞最優秀作品賞、日本アカデミー賞最優秀助演男優賞)
・パッチギ!(キネマ旬報ベストテン1位)
・オペレッタ狸御殿(カンヌ国際映画祭特別招待作品)
・メゾン・ド・ヒミコ(キネマ旬報主演男優賞、日本映画プロフェッショナル大賞主演男優賞)
・THE 有頂天ホテル(日本アカデミー賞作品賞)
・BIG RIVER(ベルリン国際映画祭フォーラム部門正式出品)
・ゆれる(カンヌ国際映画祭監督週間正式出品、日本アカデミー賞優秀主演男優賞)
・蟲師(ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門正式出品)
・東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜(日本アカデミー賞最優秀作品賞、日本アカデミー賞優 秀主演男優賞)
・サッド ヴァケイション(ヴェネツィア国際映画祭オリゾンティ部門オープニング作品)
・転々


深夜食堂 ドラマまとめ一覧へ

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://muryoudrmusic.blog59.fc2.com/tb.php/1182-1ead262f

  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。