ユーチューブ ドラマ 無料 動画

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コード・ブルードクターヘリ緊急救命 第5話 

コード・ブルードクターヘリ緊急救命 第5話 「過去」

ストーリー

藍沢(山下智久)たちフェローの面々は、受付で怒鳴り声を上げ、警備員に制止されている男を目撃する。その男・真壁清(阿南健治)は、三井(りょう)に妻と息子を殺された、と叫んでいた。藤川(浅利陽介)は、医療ミスに違いないと決め付け、興味津々だった。だが藍沢は、どうでもいい、とそっけない。誰でも困ったときには医者に頭を下げ、結果が悪いと訴えるものだ、と藍沢は続けた。
 そのとき白石(新垣結衣)は、前を歩いていた老人・松原秀治のようすがおかしいことに気づく。秀治は、体が右側に傾いていた。次の瞬間、秀治が突然倒れた。MRI検査の結果、秀治は、左前頭葉の脳腫瘍と、脳ヘルニアを起こしていた。治療は、開頭手術で脳腫瘍を取り除くか、脳圧降下薬を使うしかなかったが、いずれにせよ、もって2、3ヵ月という状態だった。
藍沢と白石は、秀治の息子・俊夫(田口主将)とその妻・春江(佐野珠美)に、手術をしたら2度と秀治の意識が戻らないことを説明し、薬で痛みを取る治療を勧めた。が、俊夫たちは、少しでも長く生きられるのなら手術をしてほしい、と強く希望する。「勝手なものだな、家族っていうのは」。藍沢は、そう言うと、オペか投薬か本人に確認しておいてくれ、と白石に告げる。
 そのころ冴島(比嘉愛未)は、電話で中年女性と話していた。中年女性は、たまには顔を見せに来てほしい、と冴島に頼んでいた。そこで冴島は、午後、その中年女性のところに行く約束をする。「嬉しい。悟史も喜ぶと思う。ありがとう」。中年女性は、そう応えて電話を切った。
 藤川は、森本から三井の過去を聞きだそうとしていた。そこにやってきた黒田(柳葉敏郎)は、次に行く病院は決まったのか、と藤川に問いかけた。目をあわすこともできず、まだです、と答える藤川。黒田は、そんな藤川に、早く決めたほうがいい、と告げる。
 そんな中、消防署からドクターヘリの出動要請が入る。工場解体現場で爆発事故があり、3名の負傷者が出ているのだという。緋山(戸田恵梨香)は、三井とともにヘリポートに向おうとした。黒田は、そんな緋山を制止し、森本に出動を頼む。
 現場に到着した森本、三井、冴島は、その惨状を目の当たりにし、呆然となる。負傷者は3名どころか、数10名に及んでいた。その中には、倒れたまま動かない者や鉄筋の下敷きになっている者までいた。

第5話 1/2

Online Videos by Veoh.com

第5話 2/2

Online Videos by Veoh.com

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://muryoudrmusic.blog59.fc2.com/tb.php/38-d610f215

  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。