ユーチューブ ドラマ 無料 動画

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コード・ブルードクターヘリ緊急救命 第7話 

コード・ブルードクターヘリ緊急救命 第7話 「告白」

ストーリー

 藍沢(山下智久)は、大腿骨を骨折して翔陽大学附属北部病院の救命救急センターに運び込まれた祖母・絹江(島かおり)のことで心を痛めていた。絹江は、ケガのショックが原因で認知症になり、藍沢の顔すら覚えていなかったのだ。絹江は、個室に入院していた。その前を通りかかった藍沢は、藤川(浅利陽介)に食事の世話をしてもらっている絹江のことを気にしつつも、いつもと同じように淡々とした表情で職務をこなす。黒田(柳葉敏郎)は、そんな藍沢に、人工血管による頚動脈の血行再建手術に加わるよう指示する。藍沢は、その手術に強い興味を示していた。
 一方、白石(新垣結衣)は、森本(勝村政信)や冴島(比嘉愛未)らとともに、突然の嘔吐と腹痛を訴えて成田空港から搬送されてきた大柄な女性の処置をする。だが、実はその女性は、バンコクで性転換手術を受けてきたという大山恒夫(古本新乃輔)という38歳の男だった。大山は、手術の後、絶食する必要があったにも関わらず機内食を食べてしまい、腸閉塞を起こしたのだ。
  大山の処置を終えた白石は、電動車椅子に乗った田沢悟史(平山広行)と、その母親・俊子(大塚良重)に声をかけられる。ふたりは、冴島を訪ねてきたのだという。白石は、悟史たちにロビーで待つよう言うと、冴島のもとへと向った。だが、悟史たちが来ていることを知った冴島は、何故か動揺したようすで…。
 そんな折、ドクターヘリの出動要請が入る。千葉中央裁判所で、男性が公判中に嘔吐し、胸痛を訴えているのだという。森本とともにドクターヘリで現場に向かった緋山(戸田恵梨香)は、ランデブーポイントにやってきた救急車から、患者とともにスーツ姿の三井(りょう)が現れたことに驚く。その患者とは、三井を医療ミスで訴えていた真壁(阿南健治)だった。真壁は、三井の本人尋問が終わった直後に倒れたらしい。三井によれば、真壁はブールハーベ症候群の可能性があるという。森本たちは、ただちに真壁を救命救急センターに搬送する。
 
 俊子と悟史は、「難病患者を支える家族の会」に出席するために翔北病院を訪れていた。冴島は、ふたりの姿を確認したものの、何故か逡巡し、踵を返す。エレベーターの中で冴島とすれ違った藍沢は、彼女のようすがどこかおかしいことに気づいていた。
 真壁は、突発性食道破裂を起こしていた。三井がいなかったら命に関わる危険もあったのだ。緋山からそれを聞かされた真壁は、安堵の気持ちと憎んでいた相手に命を助けられた情けなさから、突然ポロポロと泣き出してしまう。

第7話 1/2

Online Videos by Veoh.com

第7話 2/2

Online Videos by Veoh.com

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://muryoudrmusic.blog59.fc2.com/tb.php/40-3f9953e5

  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。