ユーチューブ ドラマ 無料 動画

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


tomorrow 第5話 

Tomorrow 第5話 「涙の告白 ~医療ミスに封印された笑顔~」 2008/08/03

キャスト: 竹野内豊、菅野美穂、エド・はるみ、陣内孝則、岸部一徳、緒川たまき

ストーリー

外科医・森山航平 (竹野内 豊) と病院事務員・仙道郁夫 (岸部一徳) は 河原のぶ子 (佐々木すみ江) の葬儀に参列し、病院へ戻ってくる。「河原さんはきっと森山先生に感謝していると思いますよ」仙道の気持ちは心に響くが、まだ完全には立ち直れない航平。そこに、看護師・田中愛子 (菅野美穂) がやってくる。「母親を医療ミスで死なせたのは自分だ」と航平から聞かされていた愛子は、自然と航平から目をそらしてしまう。仙道は航平と愛子のぎこちない雰囲気を察していた。すると意を決した航平が愛子に真相を話そうとした、その時…「森山、久しぶりだな」と航平のかつての同僚・安達裕也 (袴田吉彦) が脳外科医・遠藤紗綾 (緒川たまき) と現れた。紗綾は市民病院を脳外科専門の病院にするために、安達をスカウトしたのだった。
医局事務室にて、航平と安達が話をしている。航平が医者に復帰していたことを驚き、昔を懐かしむ安達。航平が今もティッシュで縫合の練習をしていることを知り「昔もよく競争したな」と懐かしそうに笑顔を見せる。
しかし、打って変わって安達の表情が冷たく変化する。「患者の期待を裏切る医者にはなりたくないがお前の口癖だった。青くさい理想に燃えていた8年前とは違う。本当は後悔しているはずだ」と、安達は航平に投げかけた。さらに、「医療ミスなんて珍しくない。そんなことで医者を辞めていたら、日本から医者はいなくなる」と声を荒げる。そんな安達に航平は何も言えない。その会話を愛子は偶然にも聞いてしまう。逃げるように出て行く愛子を追いかけて、「きちんと話したい」という航平。しかし、愛子は耳を貸さない。「この病院はあなたがいていい場所じゃない」とその場を去っていく。
無表情で廊下を歩く安達。処置室では外科医・薮内 (六角慎司) が患者を診ていた。安達は薮内に次の患者を診るように指示を出し、一人処置室に残る。ワゴンには薮内が使用したであろうメスが置かれたままになっていた。すると、安達はポケットに入れていた右手を出しメスをそっと握りしめる。辛そうな表情だ。すると… その手が激しく震えだした。左手で震えを止めようとするが一向に止まらない。安達の表情は苦悩でゆがんでいた。そこへ通りかかった航平。「どうしたんだ?」航平の言葉を遮るように、安達が処置室を後にした。


スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://muryoudrmusic.blog59.fc2.com/tb.php/46-5ff06030

  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。