ユーチューブ ドラマ 無料 動画

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


死ぬかと思った case3【箱男】 

死ぬかと思った case3【箱男】

【出演】
田中 圭 西田奈津美 他

高校生・森山敬三(田中圭)の意中の人は、クラスメートで新体操部に所属している小鴨真央(西田奈津美)。夢の中にまで出て来る程、真央に恋焦がれる敬三は、一大決心をしてラブレターを彼女の机の中に入れた。
 この様子を見ていた真央の親友で同じ新体操部の岩田トモエ(湧澤未来)は、真央には内緒でラブレターを読み、独断で敬三に突き返した。トモエから、真央が迷惑だと言ってた、と告げられた敬三のショックは、さすがに大きかった。
 見かねた親友の越山壮太(三浦アキフミ)は、放課後、敬三を“良い所”に連れて行った。そこは狭く汚い掃除用具室だったのだが、壁の穴から新体操部の更衣室が覗けるのだ。部員たちがそれぞれ着替える中、清楚な真央の下着姿を見た敬三は、興奮の余り、そこに行くことが病みつきになってしまった。
 ところが、ある時、敬三が掃除用具室内で物音を立てたため、部員たちは大騒ぎを始めた。敬三が中でボールペンを落としたことから、トモエは敬三が覗きの犯人ではないか、と詰め寄る。幸い壮太が助け舟を出してくれて、敬三は窮地を脱する。トモエから、真央がキモイと言っていた、と告げられた敬三は、すっかりしょげてしまった。

【pandoraTV】

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://muryoudrmusic.blog59.fc2.com/tb.php/474-c2af5330

  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。