ユーチューブ ドラマ 無料 動画

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シバトラ 第6話  

シバトラ 第6話 「復讐・・・涙あふれる最終対決」 2008/08/12

キャスト:小池徹平、大後寿々花、塚地武雅、宮川大輔、藤木直人、真矢みき

ストーリー

 柴田竹虎(小池徹平)は、千葉さくら(真矢みき)からメイド喫茶で売春を斡旋しているという落合建夫(橋爪遼)について聞かれる。落合は、竹虎の父とさくらの妹・ゆり(原田佳奈)を殺害した犯人だが、竹虎の旧友でもあるからだ。竹虎は、落合とは高校で知り合い意気投合したが、やがてそりが合わなくなったと話す。さくらは、落合が失踪中の生島透子(志田菜々子)が最後に通話した人物であることを明かす。竹虎は、透子の事件の再調査のため、新庄徹(宮川大輔)と組んでメイド喫茶へと向かう。
同じ頃、藤木小次郎(藤木直人)が白豚(塚地武雅)、宝生美月(大後寿々花)と古着店にいると、竹虎あてに電話が入る。電話の男は、また誰かを殺されたくなければ、自分の邪魔をするなと冷徹に言う。小次郎はそれが落合だと確信。帰宅した竹虎に落合に関わるなと忠告するが、竹虎は聞き入れない。
後日、竹虎と新庄は、メイド喫茶で見つけた売春リストに名前があった水原咲(垣内彩未)に話を聞くため、咲と透子も通うスイミングスクールにやってくる。咲は透子と同じ高校に通い、メイド喫茶でも顔を合わせているはずなのに、透子を知らないと言う。
 そんなある夜、竹虎は古着店の外で小次郎と出くわす。小次郎は前夜、店の前で落合を目撃したが、その一瞬だけで嫌な予感がしたことを告げ、竹虎に事件から降りるように言う。そのやりとりを見ていた美月は、真剣な小次郎の姿に、ゆりを失った悲しみが大きいのだろうと竹虎に話す。そして、8年前の事件の日、ゆりが落合がいた埠頭に行った理由がわからないと不思議そうに言う。すると竹虎は、それは自分のせいだと答える。あの日、竹虎の父親の敵討ちに埠頭へ向かった小次郎に死の予感を感じた竹虎は、そのことをゆりに告げた。それを聞いたゆりは、被弾して動けない竹虎に代わり小次郎を止めに埠頭へ行き、命を落としてしまったからだ。

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://muryoudrmusic.blog59.fc2.com/tb.php/82-2859ab11

  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。